最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私がRyzen 7 1700を購入した理由

1月前に、メインPCの主要パーツの交換をして、CPUをAMD Ryzen 7 1700にしました。

610pxaeplpl_sl1471_1 31gvwbzcehl1
以前のメインPCは、Intel Core 2 Quad 9550Sをメインにパーツを構成していました。
Intel Core 2 Quad 9550Sは、低消費電力、4コア、2.83MHzと、2009年頃のCPUとしては高性能で、静音PCを作るのには有力なCPUでした。
とはいえ、2009年頃の構成(このブログは2017年9月に記載)だったため、この数年はCPU交換のタイミングを見計らっていました。
長らく交換できなかった理由はいくつかあります。
  1. CPUの交換は、M/B、メモリーの交換が伴い、費用が大きくなる。
  2. CPUがIntel Core 2 Quad 9550Sでも、性能面で困ることがほとんどなかった。
  3. Intel のCPUが、Intel Core i7 時代が長いうえ、コア数が4コア8スレッド、クロック数も3GHz台とあまり魅力が感じられない状況だった。
そんな中、8コア16スレッドでRyzen 7シリーズのことを知りました。ここ数年は、あまり自作PCに関しての情報を仕入れていなかった私にとって、ある意味で青天の霹靂でした。
早速、Ryzen 7シリーズ調べてみると、シングルスレッドでの性能はIntel Core i7には負けるものの、それでも追随しているし、マルチスレッド環境では圧勝という状況でした。
消費電力も65~95Wと低く、静音PCとしては良さげです。
調べた時点(2017年7月後半)の価格もRyzen 7 1700なら、3万7千円ぐらいでした。
もちろん最初は、Ryzen 7 1800Xや1700Xも視野に入れていましたが、消費電力が95WとRyzen 7 1700と比べると消費電力が高い上、Ryzen 1700と比べ数%ぐらいの性能差しかない、CPUファンもついてくるということが分かりました。
こういったことからRyzen 7シリーズの中でもRyzen 7 1700は、 コア数、消費電力、価格で、かなり魅力的に感じました。
とはいえ、そこで買うかどうかは、また話が別の問題です。
最大の要因は、Intel Core 2Quad 9550Sでも、性能面で困っていなかったからです。
ところが、CPUの購入を検討をし始めてから、スペック面がやたら気になりました。
  • あるゲームが推奨設定が満たなく、一部の処理がカクついていたこと。
  • ffmpegでH.264やH.265のソフトウエア エンコードが遅いこと。
  • 7月ごろから、Windows Media Playerの動画再生時に、音だけしかならないことがあり、この問題がスペックを上げれば改善できるのではないか?、と考えてしまったこと。
こんなことを感じはじめると、更にCPUの価格変動が気になり、ブラウザのブックマークに登録し、毎日1度は、価格を確認するようになってしまいました。
その行動が何日か続くと、CPU購入に関する検索時間や閲覧時間がもったいなく感じてきました。そして、価格変動もそれほど活発でなかったため、Ryzen 7 1700の存在を知ってから約2週間後の8月上旬に交流しました。
これを、購買パターンで有名な、AIDMA風に置き換えると
  • Attention(注意):Ryzen 7 の存在を知る
  • Interest(関心):8コア16スレッドで省電力なCPUに関心を持つ
  • Desire(欲求):自分のPCのスペック問題を改善できるのでは?と欲求がでる
  • Memory(記憶):毎日価格変動を見て、記憶を新たにする
  • Action(行動):検索時間がもったいなく感じ、重い腰をあげて、購入する
みたいになるのでしょうか。
購入した感想は、こちらのページ「Core 2Quad から Ryzen 7に変えて良かったこと悪かったこと」で書いています。
最近は、比較的低価格な完成品PCでも、ビジネス用途やちょっとしたゲームでは、問題がなかったりします。実際に、私が使っているAtomのノートPCもありますが、実のところ、それで困ることはあまり多くありません。しいて言えば、Facebookの表示が遅いぐらいでしょうか?ひと昔前と比べると現在は、あまり高性能なCPUは求められていないのかもしれません。
とはいえ、動画エンコードや、ファイル圧縮・解凍、グラフィック系や開発系のソフトなど、まだまだCPUパワーを使う用途もあります。
今回のRyzen 7 1700への交換は悪くはなかったと思います。
これで、あと5年は戦えます。
( ̄▽ ̄)

Win10でhtaファイルの関連づけ

【備忘録】
Win10のクリーンインストール後に、htaファイルが関連づいていない。
いろいろとやってみたが、結局以下の手順で解決した。
  1. コマンドプロンプトを管理者モードで立ち上げる。
  2. コマンドプロンプト各コマンドを実行。
    c:
    cd C:\Windows\System32
    mshta.exe /unregister
    mshta.exe /register
  3. FileTypesMan」で、htaファイルに移動。
  4. FileTypesManで、「既定のプログラムの選択」で「Applications\mshta.exe」を選択。
  5. FileTypesManのopenに、「"C:\Windows\System32\mshta.exe" "%1"」を設定。
※再現性の確認はしていません。

(追記)2017/10/09
偶然か、Windows Updateが悪さをしたのか、よくわからないが、htaのファイルの関連付けが外れていた。この際には、3~5の手順だけ再実施で関連付けができた。

Core 2Quad から Ryzen 7に変えて良かったこと悪かったこと

先日、数年ぶりにメインPCの根幹パーツである、CPU+M/B+メモリーを交換した。

この結果、私にとって、良かったこと、悪かったことを、つらつらと書く。
CPU由来ではなく、M/B由来の良いこと、悪いことも合わせて書く。
ちなみに、私の自作PCの志向は
  • ロー~ミドルコストで良いものが欲しい。
  • TDPや静音を重視
  • 安定動作を重視するものの、人柱的なところもある(アーリーアダプターぐらい)
  • ネットの評価を重視
  • アプリケーション開発もする
  • ハイスペックなゲームはやらない。
といった感じなので、PCパーツの構成や評価も、それを反映している。
<変更前パーツ>
<変更後パーツ>
<共通パーツなど>
  • HDD(SSD1、HDD2)
  • 電源
  • ケース
  • グラフィックボード Gefoce GT 710
  • Windows 10
<良かった点>
  • ベンチマーク結果が、シングルスレッド性能が2倍UP、マルチスレッド性能が7倍UP
  • タスクマネジャで、16個の論理プロセッサを見てニヤニヤできる。
  • 動画のソフトエンコードが早い。H.265のエンコードが変更前と比べ、体感速度で4倍、H.264なら体感で5倍は速い。
  • M/B更新の影響もあるのか、グラフィックボード、SSD、HDDのベンチ結果が上昇。
  • 一部カクついていたアプリがスムーズになった。
  • CPUパワーをバカ食いしていたバッチ処理が、超高速化。
  • Windowsの起動速度が速い。
  • アプリの起動が若干早くなった。
  • TDPは変更前後で65Wと変わらないが、クロック数が動的に変わるようになり、おそらくだが電源消費量は減ったはず。
<悪かった点>
  • Android Studioのエミュレーターが設定を色々としないと動かない。動いても、メチャkチャ遅い。
  • 古いOperaが、プチフリしまくっている。
  • AMDのCPU全般に当たる問題らしい。開発機ではなかったので、とりあえずは回避しているが…
  • M/B寄りの問題だが、メモリーの相性が怖い。
    CMK16GX4M2A2666C16 は、ver. によってメモリーの製造メーカーが違う、おみくじ要素があるらしい。Ver3.x:Micron、Ver4.x:Samsung(当たり)、Ver5.x:Hynix(外れ)のようだ。今回はver.3なのでギリギリセーフ。)
  • M/BのB350依存の問題だが、SATAが4つなのは少ない。
    4つあれば十分と思ったが、長年、自作PCをしていたため、HDD、SDDがゴロゴロとしているので、結果、不足した。
  • BIOSの起動速度が遅い。
    Windowsの起動速度が速くなったので、ほぼ帳消し状態。あとは、メーカーであるMSIがBIOSを新しくするたびに、早くなってくれることを祈る。
  • 電源が切れる直前に、ビープ音が鳴るようになった(ハードウエアの相性問題?)
<総評>
  • 処理速度の向上には、おおむね満足
  • 相性問題が発生しているので、大満足とは言えない
  • 購入前から、分かっていたことではあるが、体感できるアプリは、ごく一部。
  • 静音性の面では、イーブン。CPUクーラーが、ファンレスから、CPU付属のファン付きのクーラーに変わったが、音がうるさくなったといった不満は特にない。
  • 処理速度面での費用対効果は、Intel製のCPUよりもよい。(ハードなゲームは不明)
  • パーツやアプリの相性面での費用対効果は、Intel製のCPUよりも悪い。
こんな感じかなぁ。

Crucial MX300(M.2 Type)にヒートシンクをつけてみた

利用したもの
SSD
Crucial MX300 525GB(M.2 Type 2280 SSD)
41vyhqs8yql2 ヒートシンク
アイネックス チップ用マルチヒートシンク HM-19A

PC全体構成

CPU RYZEN 7 1700
M/B MSI B350 TOMAHAWK
MEMORY CMK16GX4M2A2666C16 (DDR4 PC4-21300 8GB×2) ver.3.32
SSD(SATA) インテル 510 Series SSDSC2MH120A2K5(128GB)
※Cドライブ
DVD-ROM(SATA) LG社製DVD-ROM
SSD(SATA) Crucial MX300 M.2 Type 2280(525GB)
HDD(SATA) WESTERN DIGITAL WD10EADS (1TB)
HDD(SATA)  ST3000DM008 (3TB) 

Crystal Disk Markおよびを実行

Crystal Disk Markの結果
Cdm_2

Crystal Disk Mark 実行中の最高温度(55℃)
Cdi_3

Crystal Disk Mark 実行後の5分後(46℃
Cdi_4

Crystal Disk Mark 実行前後のグラフ(波の高いところはCrystal Disk Markを2回実行している
Cdi_5

ヒートシンクをつける前後の感想
完全に環境を一致できたわけだはないので凡そではあるが、アイネックス HM-19Aをつける前後で、Crucial MX300 M.2 Type 2280(525GB)の温度は以下のようになっている。
平熱 Crystal Disk Mark実行直後
ヒートシンク装着前 48℃前後 60℃前後
ヒートシンク装着後 45℃前後 54℃前後

ヒートシンクをつけて効果が出たとみるかどうかは、現時点では判断しにくいが、目標は平熱で45℃を切りたかったので、まぁまぁの結果とみるべきなのだろうか。

MSI B350 TOMAHAWKに5つめのSATAとしてM.2タイプのSSDをつけてみた

MSI B350 TOMAHAWKCrucial MX300 525GB(M.2 Type 2280 SSD)をつけてみた。(2017/08/09)

今回は、TOMAHAWKは、MSIホームページのカタログスペックを見るとSATAは4つまで対応となっている。
一方で、TOMAHAWKのマニュアルのストレージの項目を見ると、SATA 6Gb/s 4つと、M.2(Key M、PCIe 3.0 x4またはPCIe 2.0 x2またはSATA 6Gb/s)となっており、「SATA 4つとM.2を排他的に利用してほしい」といった表記は一切ない。

とこで、私のPCは、SSD 1、HDD 2、DVD-ROM 1といった感じで、4つのSATAがすべて使用済みだった。
そんな中、、データ格納用HDDのリード・ライト性能が随分と低下していた。そのデータドライブ上にある複数のファイルを、頻繁にランダムアクセスを発生させるアプリをよく利用するため、寿命対策&ランダムアクセスに強いディスクが欲しかった。

このため、5つ目のSATAが使えるかカタログスペックからは曖昧にしか読み取れない中、5つ目のSATAとなるM.2スロット対応のCrucial MX300 525GB(M.2 Type 2280 SSD)を、ドキドキながら購入&装着してみた。

Img_20170809_165641_2

結果、M.2 タイプのSSDが、5つめのSATAとして認識してくれた。

Explorer
P.S.
Windows上では問題はないようだが、TOMAHAWKのBIOSの情報画面では、4つしかSATAが表示されず5つ目としてM.2タイプのSSDは表示されない。
とはいえ、BIOSのハードディスクの優先順位の変更画面ではSSDが認識されている。

PC構成

CPU RYZEN 7 1700
M/B MSI B350 TOMAHAWK
MEMORY CMK16GX4M2A2666C16 (DDR4 PC4-21300 8GB×2) ver.3.32
SSD(SATA) インテル 510 Series SSDSC2MH120A2K5(128GB)
※Cドライブ
DVD-ROM(SATA) LG社製DVD-ROM
SSD(SATA) Crucial MX300 M.2 Type 2280(525GB)
※今回追加したM.2タイプのSSD
HDD(SATA) WESTERN DIGITAL WD10EADS (1TB)
HDD(SATA) ST3000DM008 (3TB)

Crucial MX300 525GB(M.2 Type 2280 SSD)のンチマーク

Crucialのホームページでは、Crucial MX300 525GB(M.2 Type 2280 SSD)のカタログスペックは以下のようになっている。                                    

容量 525GB
部品番号 CT525MX300SSD4
シーケンシャル読み込み(MB/秒) 530
シーケンシャル書き込み(MB/秒) 510
ランダム読み込み(IOPS) 92k
ランダム書き込み(IOPS) 83k

ちなみに、カタログスペックでは容量が525GBとなっているが、私のPCで利用できるサイズは489GBと認識された。

Hdd

ファームウエアを最新にアップグレードした後のCrystalDiskMark 5_2_2の実行結果は以下の通り。

Crucial Storage Executiveから一時キャッシュを有効にした場合)

Cmb

(一時キャッシュを無効にした場合)

Cmb_2

キャッシュなしのベンチマークだと、メーカーのカタログスペックよりも、だいぶ劣る感じがする。
とはいえ、最適化はしていないし、マザーボード付属のB350チップのほうも対応状況がどれほどあるかわからないので、まぁ、こんなものなのかも。

CrystalDiskMarkを動かした直後の温度は以下の通り、59℃である。

Cdi_2

メーカーのスペックと比べると、思ったよりも速度は出ていないが、目標である、ランダムシークが発生するアプリの処理速度は向上したから、まぁいいか

amazon.comで価格変動をトレースできる「Amazon Price Tracker」

amazon.comは、価格変動が激しいくせに、価格変動がトレースできないのが不便だなぁーと思ったら、トレースしてくれるアドオン「Amazon Price Tracker」があった。

何度か高値で買ってしまったこともあるので、トレース情報が見れるのはすごく便利!!

◆Google Chrome アドオン
https://chrome.google.com/webstore/detail/keepa-amazon-price-tracke/neebplgakaahbhdphmkckjjcegoiijjo?hl=ja


添付写真のように、該当の商品ページに移動するだけで、過去の価格情報が見れる。
Keepa

Android7へ更新後にBluetoothイヤホンが検知しない問題の対処

先日、ASUS ZenPad 3 8.0を購入して、Androidを6.01から 7にアップデートしたのだが、Bluetoothイヤホンがペアリング相手として検知されない不具合が発生した。
何とか回避できた。
多少不明確な部分があるが、とりあえず備忘録として取っておく。
【対処方法】
  • 「設定」→「電池」→「メニュー(右上の●が縦に3つ並んでいる)」→「電池の最適化」を選ぶ。その後に表示される画面で、「すべてのアプリ」を選択し、「Blutooth MIDI Service」「Blutooth共有」「org.codeaurora.blutooth」「com.~」をすべて「最適化しない」に設定する。
  • 「設定」→「アプリ」→「右上の歯車」→「アプリの権限」→「位置情報」を選ぶ。その後に表示される画面ですべての項目をONにする。
  • 何度かBluetoothの設定をON/OFFに切り替える。
  • 何度かAndroidを再起動。
  • ↑上記までの話は、順不同。
  • 翌日まで放置。
最後の1つを除けば、ネットで調べた情報で、これだけでは不具合は解消されなかった。
最後の1つの「翌日まで放置」は、自分が実際に検知した時の状況。論理的ではないが、そうだったとしか言いようがない。
ちなみに、ペアリングできたのち、「Blutooth MIDI Service」「Blutooth共有」「org.codeaurora.blutooth」を除けば、ほぼ元通りにしたが、接続に影響はないようだ。

Facebookページから「お知らせ」の抑制

Facebookページにおいて、管理者・編集者になった時に、何かあるたびに「お知らせ」がくる。
このお知らせだが、複数のFacebookページの管理者・編集者になると、結構うざったい。
少し調べてみたら、このFacebookページからの「お知らせ」の通知は抑制できるんだね。
(2017/7/4時点の設定方法)
  1. 該当のFacebookページに移動
  2. 右上の「設定」という文字リンクをクリック(※ページという文字列の左横)
  3. 左側の一覧から「お知らせ」をクリック
  4. 右側から「Facebook上」「メッセージ」「メール」「SMS」などについて詳細設定ができるので、お好みの設定に変更。

ちなみに私は、4の設定で、「Facebook上」のみ12~24時間毎にその間のページのアクティビティに関するお知らせを1つにまとめて受信。」に設定し、「メッセージ」「メール」「SMS」はOFFにしました。

cc4-202-00000008エラーの回避(ADS-1000W)

備忘録

ブラザー工業のスキャナーADS-1000W で、「CC4-202-00000008」というエラーが出たのだが、その時の原因と思わしきことと、自身が試行錯誤した対処手順を書いておく。

<現象>

  • ADS-1000Wでスキャンができなくなった。
  • Wi-Fi経由(USBケーブルは持っていなかった)

<原因と思われること>

  • OSをWindows10に変えた(新規インストール)
  • ADS-1000Wをインストールした
  • その後、Wi-Fiのアクセスポイントを変えた。

<対処手順>

※全ての手順は不要だと思うが、自分のケースでは、こういう手順で試行錯誤の末、スキャンできるようになった。

  1. ブラザー工業からユーザーガイドをダウンロードし、WPSの再設定(USBケーブルを持っていないため)
  2. ControlCenter4 アップデートツール」をインストール&OS再起動
  3. CCleaner」をインストールして、不要なレジストーリーをすべて削除&OS再起動
  4. ブラザー工業のダウンロードページから「フルパッケージ」をダウンロード
  5. 上記ページに、古いドライバーのアンインストール方法が書いてあったので、アンインストール
  6. 前述のフルパッケージをインストール。

<考察>

この現象が起こった際には、Wi-Fiが接続できていないのか、スキャナー本体に異常が出ているのかよくわからなかった。この時点では、スキャナー本体には、Wi-Fiマーク(点灯)と!マーク(ゆっくり点滅)のLEDだけが付いていた。それが正しいかどうかも良くわからなかった。(マニュアルを見ると、これがWi-Fi接続時には正常な状態らしい。)

たぶんだけど、自分のケースでは、Wi-Fiのアクセスポイントを途中で変えたことが災いした気がする。

このため、①WPSの再設定、②ドライバーのアンインストール、③ドライバーの再インストールだけでもうまくいった気がする。

「ControlCenter4 アップデートツール」や、「CCleaner」は、今回のエラーである「CC4-202-00000008」が出たときの対処ケースとしてネットで調べたものだが、今回は、これら単独では、エラーを回避できなかったので…。

【覚書】WMPで開始位置を指定してローカルファイルを再生

Windows Media Playerで、ローカルファイルを開始位置を指定して、再生する方法がようやくわかった。
要点は以下の2点+1点。
  • asxファイルを作り、STARTTIMEを設定
  • コマンドラインから/play 指定でasxファイルを読み込む
  • DURATIONを使うと、何分何秒まで再生するかが指定できる
●asxファイルの例
<ASX VERSION="3">
<ENTRY>
        <REF HREF = "file://c:/temp/test.wmv">
                <STARTTIME VALUE="00:00:10" />
                <DURATION VALUE="00:00:20" />
        </REF>
</ENTRY>
</ASX>
●コマンド実行例
C:\Program Files (x86)\Windows Media Player\wmplayer.exe /Play c:\temp\test.asx
コマンドラインから開始位置を指定できず、長い期間、調べたが、ようやく判明。
動的にメディアファイルと開始位置を指定するには、asxファイルを自動作成するプログラムを組むことになるのだろうが、それは後で考えよう。
あと、この方法で動かすと、なぜか経過時間がおかしくなる。
●参考サイト
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc429361.aspx
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms932318.aspx
●実行環境
Win10 + WMP12

«【覚書】Win10+RADEON HD4550構成によるディスプレイの黒枠消去

Google AdSense


  • ---

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット

@niyo_naのツイート

無料ブログはココログ

Google Analytics