最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google AdSense2

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

簡素なWindows Media Playerスキン

簡素なWindows Media Player用のスキンを作成したので、とりあえず公開。

WMP用スキンsm01ダウンロード
最終更新日:2013/06/08

※多少コンセプトは変わりますが、より高機能で実用的な拡張版のスキンsm02をこちらからダウンロードできます
紹介ページ

特徴
●画面サイズが小さい。画面サイズはオーディオ再生中では320×20、動画再生中では320×260。
●シンプルでも基本機能はワンクリック操作可能。
●半透明機能。

 

■オーディオ再生中

■動画再生中

■オーディオ再生中にプレイビュー表示

■大きさ比較1 Excel 2010画面とオーディオ再生中画面を比較

■大きさ比較2 Excel 2010画面と動画再生中画面を比較

■半透明画面※Excel 2010画面の手前に半透明画面を配置


 

日頃から手持ちの動画ファイルが見やすくプレイビューに簡単アクセスできるシンプルなメディアプレイヤーが欲しかったんだけど、 昔から使っていたWindow Media Playerは見栄え重視の為かバージョン7以降、 UIが大きくなり利用しないボタンが表示されるなどシンプルさから遠のく。 更にバージョンが上がると動画再生と同時にプレイビュー表示できなくなった。 バージョン11が出た頃からシンプルなUIでメディア再生したいときはMedia Player Classicを利用してきたけど次第にメニューバーとかコントロールバーで画面サイズを食っているのが気になりはじめた。 最近vectorでシンプルなWMP用スキンの メディアプレイヤー用シンプルスキン を見つけて使ってみたんだけど概観が非常にシンプルで良い反面、メディア名が表示されない、プレイビュー表示できない等、自分の求める機能には不足気味。 かといって マイクロソフトWindows Media Player 用スキン に登録されているビジュアルでゴテゴテしているスキンは自分には合わないし…。 そんなこんなでスキンを調べている最中にスキン作成は意外と難しくないことが判明。 XMLとJScriptの知識があればWindows付属ツールだけでスキンを作れそうなので自分の用途に合うシンプルなスキンを自作することにした。

■求めていた概観・機能
●概観がシンプルで小さいこと。ツールバー等、Windowsの画面標準のなんちゃらバーは不要。
●再生などの基本機能はワンクリックで操作できること。
●動画再生時はプレイヤー画面のほとんどが動画再生領域であること。
●動画とプレイビューを同時に表示できること。
●動画ファイルごとの縦横サイズに関わらず、プレイヤーは一定の縦横サイズであること。

■あるといいなー的な概観・機能
●音声ファイル再生も使い勝手が悪くないこと。
●動画再生時はフルスクリーンモードへの切り替えが出来ること。

上記条件に見合うスキンを作ってみたけど、それなりに使えそうなので公開。
スキン作成方法を調べる過程で半透明にできる事もわかったので、ついでに機能追加。

WMP用スキンsm01ダウンロード(旧版)

※本スキンを拡張したWMPスキン sm02は、こちらからダウンロードできます
紹介ページ


 

スキン作成時にお世話になったサイトとか。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

Google AdSense


  • ---

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット

@niyo_naのツイート

無料ブログはココログ

Google Analytics