最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google AdSense2

« DCF法による多年度CFを現在価値に割り引く際の電卓操作 | トップページ | DELL Inspiron 1526 の電池交換の覚書 »

実用的なWindows Media Playerスキン sm02

「プレイリスト作成の自由度の高さ」「A-Bリピート再生」「レジューム/ブックマーク」「スキップ再生(カスタマイズ可能)」「再生履歴」「ショートカットキー/マウスホイール/マウス中ボタンによるジェスチャー(カスタマイズ可能)」など、Windows Media Playerにない機能も備えた、機能が豊富なWindows Media Player(以下、WMPと略)用のスキンです。



WMP用スキン sm02 のダウンロード
更新履歴
<最終更新日:2017/09/08>
※WMP 11以上に対応しています。(テストはWin10 + WMP12で行っています。)


使い方やFAQなどを掲載した紹介wikiを作りました。
Windows Media Player スキン sm02 の紹介 wiki

更新履歴や小技などをつぶやくツイッターを始めました。
@wmpskin_sm02

本スキンと相乗効果のあるWindows Media Player Plugin「WinExecApp Plugin」を公開しました。
WinExecApp Plugin

 

WMPスキンの中でも機能数がダントツに多い事。(2013/06時点)
ある意味でWMPの機能不足を補完するスキンです。

--UI全般--

●画面サイズ指定が豊富である事。
●最小でIMEバーのサイズ位まで小さくできる事。
●ウィンドウ枠のドラッグで任意の画面サイズ変更ができる事。
●画面透過・カラーテーマ・グラディエーションで画面デザインをできる事。
 ※透過率0%~90%、テーマ40パターン以上、グラディエーション40パターン以上
●本体画面とプレイリスト画面を別画面化&ドッキング操作できる事。

--再生機能--
●イコライザーやSRC WOW等のWMPが持つ一通りの再生設定を有する事。
●1曲のみ連続再生ができる事。
●A-Bリピート(区間リピート、区間再生とか言われるもの)ができる事。
●イントロ再生ができる事。
●細かな再生速度の変更ができる事。
 ※再生速度×0.1~×10.0
●再生終了後の動作が選択できる事。
●レジューム機能、ブックマーク登録等で再生メディア・再生位置を保存ができる事。
●巻き戻し、先送り、スキップ(n秒進む、n秒戻る、n%戻る、n%進む)等の機能を有する事。
●次の曲をランダムで選択できる事。(標準のランダム再生機能とは別の機能)
●直前のメディアに戻る、再生履歴、シーク直前の経過位置の復元など、強力な履歴機能を有する事。

--音楽再生--
●複数の画面レイアウトを用意している事。
 ※アルバアート強調、視覚エフェクト強調、歌詞表示、プレイリスト表示等。
●アルバムアート表示設定(イメージ切替、サイズ変更、透過率指定等)ができる事。
●視覚エフェクト固有機能を優先できる事。
●テロップでメディア情報等の表示ができる事。
●歌詞を含むファイルを再生した場合に自動的に歌詞表示ができる機能を有する事。
●歌詞の行頭のタイムタグに対応している事。(完全な対応ではない)

--動画再生--
●コントロールを一切表示せず画面に動画だけを表示する事もできる事。
●表示変更(明るさ・コントラスト・色合い・鮮やかさ)を有する事。
●動画サイズ指定方法が豊富な事。
 ※動画の倍率指定、固定サイズ(320x240他多数)、フルスクリーン等。

--メイン画面--
●操作パネルを隠せる事。
●ボタン等のレイアウト変更ができる事。

--プレイリスト画面--
●複数のプレイリストの列表示方法を有する事。
 ※カスタマイズも可能。
●シンプルにも高度な操作にも対応できるレイアウト変更機能。

--メディアライブラリ操作/プレイリスト作成--
●ランダムなプレイリスト選択できる事。
●テキスト検索によるプレイリスト作成機能を有する事。
●プレイリストのランダム選択機能を有する事。
●評価・再生回数・最終再生日等によるプレイリスト作成機能を有する事。
●フォルダ単位やリリース年による再生リスト作成ができる事。
●アルバムやアーティスト等の情報をテキスト出力できる事。
●SQL(select)によるプレイリスト作成機能やテキスト出力機能を有する事。
●複数列ソート機能、今後のプレイリストにソート条件の適用機能を有する事。
●評価や再生回数を基にライブラリ内のランキング作成機能を有する事。
●再生リストの登録、削除ができる事。
●メディアライブラリへファイルの登録・削除ができる事。

--タグ編集--
●オリジナルプロパティ画面からタグ編集機能ができる事。
 ※複数メディアの一括編集が可能。
●タイムタグ付の歌詞の編集機能がある事。

--操作補助--
●オリジナルショートカットキー(カスタマイズ可能)を有する事。
●-マウスホイールに音量変更やシーク操作などを割り当てる機能(カスタマイズ可能)を有する事。※Windows 10の場合、制約あり
●マウス中ボタンを使ったジェスチャー(カスタマイズ可能)を有する事。

--その他--
●歌詞・動画・画像等のインターネット検索やツイート機能を有する事。
●CDのリッピング機能を有する事。
●DVD設定機能を有する事。
●シークスライダー上にマウスカーソルを移動すると、その位置の予想再生時間が表示できる事。
●Boss Keyを有する事。
●背景画像を追加できる事。
●背景画像を使ったスライドショーができる事。
等。

 

スキン作成時に(勝手に)お世話になったサイト等。

« DCF法による多年度CFを現在価値に割り引く際の電卓操作 | トップページ | DELL Inspiron 1526 の電池交換の覚書 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいスキンを公開していただき、ありがとうございます!
Windows Media Player12 から、一定時間のスキップショートカットがなくなり、
途方にくれておりました。
本当にありがとうございます。

ちなみにですが、
スキンオプションのショートカットですが、
ホイール上下に割り当てることは可能でしょうか?

amznさん

当ブログの管理者のniyoなです。
コメントありがとうございます。

スキップについては、お役に立って何よりです。

ホイールについてですが、MSのスキン開発者向けのヘルプを見る限り、ホイール操作を判定する手段がなさそうなので、残念ながら難しいと思います。

上記の理由および簡易テストの結果、以前は投げ出したのですが、もしかしたら対応できるすべがあるかもしれませんので、また調べ直してみます。

ショートカットキーをホイールの上下に割り当てる事はできていませんが、代わりに、マウス中ボタンを使ったマウスジェスチャー機能を作ってみました。

「マウス中ボタンのクリック」または「マウス中ボタンによるドラッグ操作(マウスジェスチャー)」に対して、ショートカットキーとほぼ同じ機能を割り当てることができます。

ホイール上下へのキー割り当てに対する代替機能となるかはわかりませんが、マウス操作だけでスキップが可能にできます。

ご参考までに。

マウスホイール操作の機能を作りました。

開発者向けのSDKにない機能を強引に作っているので、使用者側から見るといろいろと違和感が出やすい構造となっていますが、それでもある程度は使えると思います。

区間リピート機能が保存できるとゆうことで導入したのですが
残念ながらまともに機能しません

A1:30~1:40  B2:01~2:15  C3:45~3:59


と連続再生しようとしても
A1:30~1:40 が普通に再生された後
Bが0:00~2:15 の区間を再生する

ジョミーさん、コメントありがとうございます。
幾つか質問させてください

◆質問1
上記の状況ですが、別のファイルを使った
 ファイルA:1:30~1:40
 ファイルB:2:01~2:15
 ファイルC:3:45~3:59
という状況でしょうか?
それとも、同じファイルを使った
 ファイルA:1:30~1:40
 ファイルA:2:01~2:15
 ファイルA:3:45~3:59
という状況でしょうか?

◆質問2
流れとしては、
①A-Bリピート(詳細版)画面を開いたまま
②A:1:30~1:40、B:2:01~2:15、C:3:45~3:59の区間を追加し、
③A-Bリピート(詳細版)画面の「保存一覧を順番に再生」をON
にしている状況ということで、よろしいですか?
ジョミーさんの書かれたことを実行する場合には、多分、この状況でないとできないと思います。
たとえば、①②③を設定した後に、A-Bリピート(詳細版)画面を閉じた場合は、「保存一覧を順番に再生」は継続されないようになっています。

◆質問3
ファイルの形式を教えてください。

⇒FAQ「ファイル形式やコーデック種類による諸問題」にあるように、oggなどのファイル形式だと、Windows Media Playerや・フィルタ側に問題があり、本スキンでは対応できないことがあります。
http://www63.atwiki.jp/wmpskin_sm02/pages/33.html#id_be3394cd
実際、ジョミーさんと同じ状況(質問2の手順を行っていると想定)を作ると、wmaファイルでは上手く動きますが、oggファイルでは上手く動かないことを、当方の環境で確認しました。

>区間リピート機能が保存できるとゆうことで導入したのですが
>残念ながらまともに機能しません
>A1:30~1:40  B2:01~2:15  C3:45~3:59
>と連続再生しようとしても
>A1:30~1:40 が普通に再生された後
>Bが0:00~2:15 の区間を再生する

この件ですが、原因が「特殊なファイル形式(oggなどのコーデック寄りな問題)」の場合に関しては、20160808版で、緩和策を導入しました。

by "niyoな"

イントロ再生機能を復活させてほしいです

>イントロ再生機能を復活させてほしいです

hiro_200txさん、sm02を長く使って頂き、ありがとうございます。

1年半ほど前に削除した「イントロ再生機能」ですが、比較的人気のある「A-Bリピート」など他の機能との関係を考えると、処理の条件分岐が、非常に悪化、もしくは論理的に破城していたので、あえて削りました。
今後のネタとしてご参考にさせて頂きますが、上記のこともあり、対応するか分りません。

代替案ですが、視覚エフェクトの「FRUITY」の中に、イントロ再生ボタンがあります。そちらの利用も考えてみてください。

2017/02/09版で、イントロ再生機能を復活してみました。
よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532391/53122162

この記事へのトラックバック一覧です: 実用的なWindows Media Playerスキン sm02:

« DCF法による多年度CFを現在価値に割り引く際の電卓操作 | トップページ | DELL Inspiron 1526 の電池交換の覚書 »

Google AdSense


  • ---

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット

@niyo_naのツイート

無料ブログはココログ

Google Analytics