最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Google AdSense2

« Win10でhtaファイルの関連づけ | トップページ

私がRyzen 7 1700を購入した理由

1月前に、メインPCの主要パーツの交換をして、CPUをAMD Ryzen 7 1700にしました。

610pxaeplpl_sl1471_1 31gvwbzcehl1
以前のメインPCは、Intel Core 2 Quad 9550Sをメインにパーツを構成していました。
Intel Core 2 Quad 9550Sは、低消費電力、4コア、2.83MHzと、2009年頃のCPUとしては高性能で、静音PCを作るのには有力なCPUでした。
とはいえ、2009年頃の構成(このブログは2017年9月に記載)だったため、この数年はCPU交換のタイミングを見計らっていました。
長らく交換できなかった理由はいくつかあります。
  1. CPUの交換は、M/B、メモリーの交換が伴い、費用が大きくなる。
  2. CPUがIntel Core 2 Quad 9550Sでも、性能面で困ることがほとんどなかった。
  3. Intel のCPUが、Intel Core i7 時代が長いうえ、コア数が4コア8スレッド、クロック数も3GHz台とあまり魅力が感じられない状況だった。
そんな中、8コア16スレッドでRyzen 7シリーズのことを知りました。ここ数年は、あまり自作PCに関しての情報を仕入れていなかった私にとって、ある意味で青天の霹靂でした。
早速、Ryzen 7シリーズ調べてみると、シングルスレッドでの性能はIntel Core i7には負けるものの、それでも追随しているし、マルチスレッド環境では圧勝という状況でした。
消費電力も65~95Wと低く、静音PCとしては良さげです。
調べた時点(2017年7月後半)の価格もRyzen 7 1700なら、3万7千円ぐらいでした。
もちろん最初は、Ryzen 7 1800Xや1700Xも視野に入れていましたが、消費電力が95WとRyzen 7 1700と比べると消費電力が高い上、Ryzen 1700と比べ数%ぐらいの性能差しかない、CPUファンもついてくるということが分かりました。
こういったことからRyzen 7シリーズの中でもRyzen 7 1700は、 コア数、消費電力、価格で、かなり魅力的に感じました。
とはいえ、そこで買うかどうかは、また話が別の問題です。
最大の要因は、Intel Core 2Quad 9550Sでも、性能面で困っていなかったからです。
ところが、CPUの購入を検討をし始めてから、スペック面がやたら気になりました。
  • あるゲームが推奨設定が満たなく、一部の処理がカクついていたこと。
  • ffmpegでH.264やH.265のソフトウエア エンコードが遅いこと。
  • 7月ごろから、Windows Media Playerの動画再生時に、音だけしかならないことがあり、この問題がスペックを上げれば改善できるのではないか?、と考えてしまったこと。
こんなことを感じはじめると、更にCPUの価格変動が気になり、ブラウザのブックマークに登録し、毎日1度は、価格を確認するようになってしまいました。
その行動が何日か続くと、CPU購入に関する検索時間や閲覧時間がもったいなく感じてきました。そして、価格変動もそれほど活発でなかったため、Ryzen 7 1700の存在を知ってから約2週間後の8月上旬に交流しました。
これを、購買パターンで有名な、AIDMA風に置き換えると
  • Attention(注意):Ryzen 7 の存在を知る
  • Interest(関心):8コア16スレッドで省電力なCPUに関心を持つ
  • Desire(欲求):自分のPCのスペック問題を改善できるのでは?と欲求がでる
  • Memory(記憶):毎日価格変動を見て、記憶を新たにする
  • Action(行動):検索時間がもったいなく感じ、重い腰をあげて、購入する
みたいになるのでしょうか。
購入した感想は、こちらのページ「Core 2Quad から Ryzen 7に変えて良かったこと悪かったこと」で書いています。
最近は、比較的低価格な完成品PCでも、ビジネス用途やちょっとしたゲームでは、問題がなかったりします。実際に、私が使っているAtomのノートPCもありますが、実のところ、それで困ることはあまり多くありません。しいて言えば、Facebookの表示が遅いぐらいでしょうか?ひと昔前と比べると現在は、あまり高性能なCPUは求められていないのかもしれません。
とはいえ、動画エンコードや、ファイル圧縮・解凍、グラフィック系や開発系のソフトなど、まだまだCPUパワーを使う用途もあります。
今回のRyzen 7 1700への交換は悪くはなかったと思います。
これで、あと5年は戦えます。
( ̄▽ ̄)

« Win10でhtaファイルの関連づけ | トップページ

PC組み立て」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532391/65821154

この記事へのトラックバック一覧です: 私がRyzen 7 1700を購入した理由:

« Win10でhtaファイルの関連づけ | トップページ

Google AdSense


  • ---

Amazon ウィジェット

  • ウィジェット

@niyo_naのツイート

無料ブログはココログ

Google Analytics